◎ がんの抑制(よくせい)

◎ 食欲増進(しょくよくぞうしん)

 解毒(げどく)作用、抗酸化(こうさんか)作用、抗菌(こうきん)抗寄生虫(こうきせいちゅう)作用、下痢(げり)止め作用などが期待できます。 さらに、血小板の凝固(ぎょうこ)(おさ)える成分を(ふく)むので、動脈硬化(どうみゃくこうか)心筋梗塞(しんきんこうそく)などを予防(よぼう)する効果(こうか)があります。

 近年、スルフィニルという成分が発ガン細胞(さいぼう)転移(てんい)抑制(よくせい)するという実験結果も出ているようです。

<< 静岡県の農業のTopにもどる >>

 わさびに(ふく)まれる辛味(からみ)成分アリルからし油が、魚の生(ぐさ)さを分解(ぶんかい)し、食欲(しょくよく)増進(ぞうしん)させる働きがあります。

◎ 解毒(げどく)作用

静岡県のわさび 3
わさびと健康
 L わさびの伝来
 L わさびの種類
 L わさびと健康
 L わさびの産地
 L わさび農家の課題
 L わさびができるまで
 L イチゴの伝来
 L イチゴの種類
 L イチゴと健康
 L イチゴの産地
 L イチゴ農家の課題
 L イチゴができるまで
 L メロンの伝来
 L メロンの種類
 L メロンと健康
 L メロンの産地
 L メロンができるまで
 L みかんの伝来
 L みかんの種類
 L みかんと健康
 L みかんの産地
 L みかん農家の課題
 L お茶の伝来
 L お茶の種類
 L お茶の製法
 L お茶と健康
 L お茶の産地
 L お茶農家の課題
 L お茶栽培の一年
 L お茶ができるまで

静岡県の農業

>しゃかいのTop

>あすなろ学習室Top