静岡県のわさび 2
わさびの種類

 水わさびは、わき水やきれいな流れがある場所で栽培するものです。わさびが育つために(てき)した気温は13〜17℃で、直射(ちょくしゃ)日光が当たらず、夏(すず)しく、きれいで冷たいわき水が流れているところで栽培されます。生産量が多い県は、静岡県、長野県です。

 畑わさびは、湿気(しっけ)が多く夏(すず)しい土壌(どじょう)で栽培するものです。(すず)しい気候を好み、直射(ちょくしゃ)日光を苦手とするため、森や林の日かげの場所などが(てき)しています。作付け面積では水わさびとそれほど変わりませんが、収穫(しゅうかく)量では圧倒(あっとう)的に水わさびの方が多いです。作付けが多いのは、島根県、長野県、岩手県です。

 ローストビーフの付け合わせなどに用いられている西洋わさび(フォースラディッシュ)は、長野県、埼玉県、北海道が主産地でしたが、現在(げんざい)は北海道でわずかに生産されている程度(ていど)です。わが国の西洋わさびの使用量の大半は、中国からの輸入でまかなわれています。

◎ その他のわさび

 L わさびの伝来
 L わさびの種類
 L わさびと健康
 L わさびの産地
 L わさび農家の課題
 L わさびができるまで
 L イチゴの伝来
 L イチゴの種類
 L イチゴと健康
 L イチゴの産地
 L イチゴ農家の課題
 L イチゴができるまで
 L メロンの伝来
 L メロンの種類
 L メロンと健康
 L メロンの産地
 L メロンができるまで
 L みかんの伝来
 L みかんの種類
 L みかんと健康
 L みかんの産地
 L みかん農家の課題
 L お茶の伝来
 L お茶の種類
 L お茶の製法
 L お茶と健康
 L お茶の産地
 L お茶農家の課題
 L お茶栽培の一年
 L お茶ができるまで
<< 静岡県の農業のTopにもどる >>

静岡県の農業

◎ 水わさび

◎ 畑わさび

>しゃかいのTop

 わさびには「水わさび」と「畑わさび」があります。

>あすなろ学習室Top