◎ 日本国内の産地間競争

◎ 消費量(しょうひりょう)減少(げんしょう)

<< 静岡県の農業のTopにもどる >>
静岡県のみかん 5
みかん農家の課題
 L わさびの伝来
 L わさびの種類
 L わさびと健康
 L わさびの産地
 L わさび農家の課題
 L わさびができるまで
 L イチゴの伝来
 L イチゴの種類
 L イチゴと健康
 L イチゴの産地
 L イチゴ農家の課題
 L イチゴができるまで
 L メロンの伝来
 L メロンの種類
 L メロンと健康
 L メロンの産地
 L メロンができるまで
 L みかんの伝来
 L みかんの種類
 L みかんと健康
 L みかんの産地
 L みかん農家の課題
 L お茶の伝来
 L お茶の種類
 L お茶の製法
 L お茶と健康
 L お茶の産地
 L お茶農家の課題
 L お茶栽培の一年
 L お茶ができるまで

静岡県の農業

◎ 輸入果物(ゆにゅうくだもの)との競争

◎ (きび)しい労働

 近年は一人あたりのみかん消費量が()ってきていて、みかん消費の拡大(かくだい)が熱望されています。
 みかん農家の高齢(こうれい)化も深刻(しんこく)な問題です。
 国内の他のみかん産地との競争も(きび)しくなっています。

◎ 高齢化(こうれいか)

>しゃかいのTop

 輸入(ゆにゅう)される果物、または国内の他の果物との競争が(はげ)しいという課題を(かか)えています。
 階段状の(かいだんじょう )畑が多いため,機械を導入す(どうにゅう )ることが難し(むつか )(きび)しい労働を()いられています。

>あすなろ学習室Top