静岡県のみかん 3
 みかんにはたくさんのビタミンCが含まれています。ビタミンCには免疫機能(めんえききのう)を高める作用があり、風邪(かぜ)予防(よぼう)につながります。
みかんと健康

静岡県の農業

 L わさびの伝来
 L わさびの種類
 L わさびと健康
 L わさびの産地
 L わさび農家の課題
 L わさびができるまで
 L イチゴの伝来
 L イチゴの種類
 L イチゴと健康
 L イチゴの産地
 L イチゴ農家の課題
 L イチゴができるまで
 L メロンの伝来
 L メロンの種類
 L メロンと健康
 L メロンの産地
 L メロンができるまで
 L みかんの伝来
 L みかんの種類
 L みかんと健康
 L みかんの産地
 L みかん農家の課題
 L お茶の伝来
 L お茶の種類
 L お茶の製法
 L お茶と健康
 L お茶の産地
 L お茶農家の課題
 L お茶栽培の一年
 L お茶ができるまで
 みかんには、さまざまな効能(こうのう)(体によい影響を(えいきょう )与えること)があります。
 袋や(ふくろ )スジには多くの食物繊維(せんい)ペクチンが(ふく)まれ、腸内の(ちょうない )水分を調節して便秘(べんぴ)解消し(かいしょう )たり、下痢(げり)(おさ)えたりする作用があります。大腸ガ(だいちょう )ンの予防(よぼう)も期待できます。
<< 静岡県の農業のTopにもどる >>
 クエン(さん)が、(つか)れの原因になる乳酸を(にゅうさん )分解(ぶんかい)するので、疲労回復(ひろうかいふく)効果(こうか)があります。

◎ 疲労回復(ひろうかいふく)

◎ (こう)がん作用

◎ 動脈硬化(どうみゃくこうか)の予防

◎ 成長作用(さよう)
 みかんに含まれているビタミンAが(はだ)潤い(うるお )(たも)つ働きがあります。また、ビタミンCとクエン(さん)がメラニンの生成を防いでくれます。

>しゃかいのTop

◎ カゼの予防(よぼう)
 最近の研究で、温州み(うんしゅう )かんに多く(ふく)まれるベータ・クリプトキサンチンというオレンジ色の色素には、(こう)がん作用があることがわかってきています。
 ヘスペリジンという成分がビタミンCを助け、コレステロールの蓄積(ちくせき)を防ぎ、血液(けつえき)循環を(じゅんかん )よくします。

◎ 美肌効果(びはだこうか)

>あすなろ学習室Top