◎ コレステロールの低減(ていげん)

◎ 脳卒中(のうそっちゅう)動脈硬化(どうみゃくこうか)の予防

メロンと健康

◎ 高血圧(こうけつあつ)の予防、利尿作用(りにょうさよう)

 メロンにふくまれるベータ・カロチンという物質(ぶっしつ)は高い抗酸化(こうさんか)作用(血管が酸性(さんせい)になることを防止する作用。血管が酸性(さんせい)になるとコレステロールがつまりやすくなったり、細ぼうが(きず)ついたりして体に悪い影響が(えいきょう )でる)をもち、ガンの予防や老化防止(ぼうし)に役立つと言われています。

◎ 老化防止(ろうかぼうし)

 最近の研究で、温室メロンには、高血圧(こうけつあつ)を予防するとされるギャバと呼ばれるアミノ(さん)が多く(ふく)まれていることがわかりました。また、アミノ(さん)は体内でおしっこをつくる性質(せいしつ)を持ち、体の中の悪い物質(ぶっしつ)をおしっこといっしょに体の外に出す働きがあります。

静岡県のメロン 3
 L わさびの伝来
 L わさびの種類
 L わさびと健康
 L わさびの産地
 L わさび農家の課題
 L わさびができるまで
 L イチゴの伝来
 L イチゴの種類
 L イチゴと健康
 L イチゴの産地
 L イチゴ農家の課題
 L イチゴができるまで
 L メロンの伝来
 L メロンの種類
 L メロンと健康
 L メロンの産地
 L メロンができるまで
 L みかんの伝来
 L みかんの種類
 L みかんと健康
 L みかんの産地
 L みかん農家の課題
 L お茶の伝来
 L お茶の種類
 L お茶の製法
 L お茶と健康
 L お茶の産地
 L お茶農家の課題
 L お茶栽培の一年
 L お茶ができるまで

 メロンには、さまざまな効能(こうのう)(体によい影響を(えいきょう )与えること)があります。

 メロンには、パテトン酸と呼ばれる物質(ぶっしつ)が多くふくまれています。パントテン酸は、脂質(ししつ)分解(ぶんかい)をコントロールして、コレステロールという血管をつまらせてしまう悪い物質(ぷっしつ)を少なくしたり、脂肪(しぼう)が体につきにくくします。

◎ 生活習慣病(しゅうかんびょう)の予防

 メロンにふくまれるアデニシンという物質(ぶっしつ)には、血液(:けつえき)が固まるのをおさえる働きがあるので、血管の流れが良くなり、脳卒中(のうそっちゅう)動脈硬化(どうみゃくこうか)が予防できます。

静岡県の農業

 メロンにはカリウムという物質(ぶっしつ)果物(くだもの)の中でも多くふくまれています。カリウムは、ナ トリウムを体の外に出す性質を持っています。そのため、ナトリウムの取りすぎで起こる高血圧や動脈硬化(どうみゃくこうか)、糖尿病な( とうにょうびょう )どの生活習慣病の( しゅうかんびょう )予防に効果があると言われます。

 メロンにはペクチンという食物繊維(せんい)が多くふくまれており、腸の働きが元気になり、便秘(べんぴ)の予防などに効果があります。

◎ 便秘(べんぴ)予防

<< 静岡県の農業のTopにもどる >>

>しゃかいのTop

>あすなろ学習室Top