農林水産省「令和元年産作物統計(普通作物・飼料作物・工芸農作物)」 より作成

荒茶(あらちゃ)とは、つんできた茶葉を、葉と(くき)に選別せずにそのまま加工したお茶のことです。
※四捨五入の関係で合計値が合わない場合があります。
 全国の収穫量(しゅうかくりょう)の合計は、86,300トン。静岡県は33,400トンを収穫していて、日本一の茶産地となっています。
静岡県のお茶 5
お茶の産地

静岡県の農業

>しゃかいのTop

>あすなろ学習室Top

◎ 日本一の茶産地、静岡県

 県内のおもな産地は、牧之原(まきのはら)地区、川根(かわね)地区、本山(ほんやま)地区(静岡市の北部)、中遠地(ちゅうえん )区(菊川(きくがわ)市や掛川(かけがわ)市)などが知られています。このほかにも、県内には多くの茶の産地があります。

◎ 静岡県内の主な産地
<< 静岡県の農業のTopにもどる >>
 L わさびの伝来
 L わさびの種類
 L わさびと健康
 L わさびの産地
 L わさび農家の課題
 L わさびができるまで
 L イチゴの伝来
 L イチゴの種類
 L イチゴと健康
 L イチゴの産地
 L イチゴ農家の課題
 L イチゴができるまで
 L メロンの伝来
 L メロンの種類
 L メロンと健康
 L メロンの産地
 L メロンができるまで
 L みかんの伝来
 L みかんの種類
 L みかんと健康
 L みかんの産地
 L みかん農家の課題
 L お茶の伝来
 L お茶の種類
 L お茶の製法
 L お茶と健康
 L お茶の産地
 L お茶農家の課題
 L お茶栽培の一年
 L お茶ができるまで