◎ 歯周病(ししゅうびょう)の予防
静岡県のお茶 4
お茶と健康

静岡県の農業

 L わさびの伝来
 L わさびの種類
 L わさびと健康
 L わさびの産地
 L わさび農家の課題
 L わさびができるまで
 L イチゴの伝来
 L イチゴの種類
 L イチゴと健康
 L イチゴの産地
 L イチゴ農家の課題
 L イチゴができるまで
 L メロンの伝来
 L メロンの種類
 L メロンと健康
 L メロンの産地
 L メロンができるまで
 L みかんの伝来
 L みかんの種類
 L みかんと健康
 L みかんの産地
 L みかん農家の課題
 L お茶の伝来
 L お茶の種類
 L お茶の製法
 L お茶と健康
 L お茶の産地
 L お茶農家の課題
 L お茶栽培の一年
 L お茶ができるまで
 緑茶には、さまざまな効能(こうのう)(体によい影響を(えいきょう )与えること)があります。
 歯周病と(ししゅうびょう)は、歯や歯ぐきに起こる様々な病気のことをいいます。緑茶にふくまれるフッ()やカテキンは、口の中で()える細菌(さいきん)繁殖を(はんしょく)おさえる効果(こうか)があり、虫歯や歯周病を(ししゅうびょう )予防します。さらに、緑茶の成分にふくまれるフラボノイドは口のにおいをおさえる働きがあります。
<< 静岡県の農業のTopにもどる >>
◎ 食中毒の予防
 生活習慣病(しゅうかん )とは、動脈硬化(どうみゃくこうか)高血圧(こうけつあつ)など、ふだんの食生活のかたよりや運動不足などからおこる病気のことをいいます。緑茶にふくまれているカテキンは、生活習慣病(しゅうかん )病の原因(げんいん)の一つとなる脂肪(しぼう)糖分(とうぶん)、コレステロールなどの分解(ぶんかい)を手助けする作用があるといわれています。
 緑茶には、ビタミンCやビタミンEといった物質(ぶっしつ)豊富(ほうふ)にふくまれています。ビタミンCは、はだの弾力を(だんりょく)(たも)ったり、しみやそばかすの元になるメラニン色素がはだに残るのを防ぐ効果があります。また、ビタミンEは脂肪(しぼう)酸化(さんか)をおさえ、老化を防ぐといわれています。
◎ 老化防止
 カテキンは殺菌(さっきん)力がきわめて高く、腸炎ビ(ちょうえん)ブリオ(きん)、O−157、毒素(どくそ)型ブドウ球菌な(きゅうきん)どに対して有効(ゆうこう)であると言われています。
◎ ガン予防

 お茶にはガンになった細胞(さいぼう)()えるのをおさえる働きがあるという研究結果もあります。静岡県などの緑茶を多く飲む地域では、ガンによる死亡率(しぼうりつ)が低いという報告(ほうこく)もあります。

>しゃかいのTop

◎ 生活習慣病(しゅうかん )の予防

>あすなろ学習室Top