静岡県のお茶 3
 L わさびの伝来
 L わさびの種類
 L わさびと健康
 L わさびの産地
 L わさび農家の課題
 L わさびができるまで
 L イチゴの伝来
 L イチゴの種類
 L イチゴと健康
 L イチゴの産地
 L イチゴ農家の課題
 L イチゴができるまで
 L メロンの伝来
 L メロンの種類
 L メロンと健康
 L メロンの産地
 L メロンができるまで
 L みかんの伝来
 L みかんの種類
 L みかんと健康
 L みかんの産地
 L みかん農家の課題
 L お茶の伝来
 L お茶の種類
 L お茶の製法
 L お茶と健康
 L お茶の産地
 L お茶農家の課題
 L お茶栽培の一年
 L お茶ができるまで
お茶の製法
<< 静岡県の農業のTopにもどる >>

静岡県の農業

日本の緑茶は、その製法によってさまざまな種類に分けられます。

◎ 煎茶(せんちゃ)

  日本の消費量の8割をしめています。茶葉(ちゃば)()してもみながら乾燥(かんそう)した
 茶をいいます。


◎ 玉露(ぎょくろ)
  日光をさえぎり、その若()をつみ取って製造(せいぞう)したものをさします。日光をさ
 えぎることでうまみ成分(アミノ(さん))が増加(ぞうか)し、よりおいしいお茶になります。

◎ 玉緑茶(たまりょくちゃ)
  煎茶(せんちゃ)とほぼ同じ作り方ですが、最後の茶葉の形をまっす ぐにする作業
 をしない茶をさします。ぐりっと丸まった茶葉になるためグリ茶ともいいます。

◎ 番茶(ばんちゃ)
  夏秋づみの茶葉や煎茶(せんちゃ)を作るなかで取りのぞかれる茶葉を利用して作っ  たものです。値段(ねだん)が手ごろです。

◎ 茎茶(くきちゃ)
  煎茶玉露(ぎょくろ)の加工のとちゅうで出てくる(くき)の部分だけを集めて作ったもの です。

◎ 玄米茶(げんまいちゃ)

  緑茶に玄米(げんまい)(もみがらだけをとりのぞいただけの米)を()ったものを()ぜて 作ったお茶です。こうばしい(かお)りがします。

◎ 抹茶(まっちゃ)

  茶葉を乾燥(かんそう)させ、粉にしたものをさします。

◎ ほうじ茶
  番茶や煎茶(せんちゃ)を強火で()ったものです。こうばしい独特(どくとく)(かお)りがあります。

>あすなろ学習室Top

>しゃかいのTop