刺激と反応トップへ>ヒトの感覚器官 目>(3/5)
目に入る光量の調節
目に入る光の量はどのようにして調節されているのでしょうか。そのしくみを見てみよう。

明るいとき 暗いとき   ヒトの目には、目の中に入射する光
 の量を調節するしくみが備わっていま
 す。カメラの絞りにあたるものです。


   光の量の調節は、レンズの前にあ
 こうさいという部分が、伸びたり縮
 んだりして行われます。


  こうさいにおおわれておらず、レンズ
 が見えている部分が
ひとみ(瞳孔)で、
 この部分は黒く見えます。


  こうさいの色は人種によって異なり、
 茶色、青、緑色、灰色など様々です。
どちらかの画像の上にポインタを置いて比較してみよう
こうさいが伸びて、ひとみが小さくなる

目に入る光の量が少なくなる
こうさいが縮んで、ひとみが大きくなる

目に入る光の量が多くなる