◎ 江戸時代のみかん

静岡県のみかん 1
 L わさびの伝来
 L わさびの種類
 L わさびと健康
 L わさびの産地
 L わさび農家の課題
 L わさびができるまで
 L イチゴの伝来
 L イチゴの種類
 L イチゴと健康
 L イチゴの産地
 L イチゴ農家の課題
 L イチゴができるまで
 L メロンの伝来
 L メロンの種類
 L メロンと健康
 L メロンの産地
 L メロンができるまで
 L みかんの伝来
 L みかんの種類
 L みかんと健康
 L みかんの産地
 L みかん農家の課題
 L お茶の伝来
 L お茶の種類
 L お茶の製法
 L お茶と健康
 L お茶の産地
 L お茶農家の課題
 L お茶栽培の一年
 L お茶ができるまで
みかんの伝来
<< 静岡県の農業のTopにもどる >>

静岡県の農業

◎ 日本への伝来

◎ みかんの原産地

 古事記と日本書紀によると、垂仁(すいにん)天皇(紀元前69年?-70年) が非実香木実を(トキジクノカグノコノミ )手に入れるため、丹波(たんば)多遅摩毛理(たじまもり)を中国南部に行かせました。その時に持ち帰った「不老長寿の果物、中国の橘が( たちばな )現在(げんざい)の和歌山県海南(かいなん)市に移植(いしょく)され、その後全国に伝播(でんぱ)したという説です。

◎ 温州(うんしゅう)みかんについて

 江戸時代は、みかんといえば小ぶりの紀州(きしゅう)みかんをさしていました。紀州(きしゅう)(今の和歌山県)では、1574年に今の熊本県から小みかんを導入して、栽培を始めました。(みつ)のように(あま)いという意味で「蜜柑(みかん)」と名付けられたようですが、当時は(あま)くはなかったようです。

>しゃかいのTop

 みかんの原生地は、インドのアッサムからヒマラヤ山麓(さんろく)にかけてという説があります。それが各地に伝わってさまざまな品種に変化していったようです。みかんは現在(げんざい)900種類あるといわれています。
 現在(げんざい)、最も多く栽培されている温州み(うんしゅう )かんについては、中国浙江省の(せっこうしょう )温州」(うんしゅう )から遣唐使(けんとうし)が伝えたみかんの木が変異して現在の温州みかんになったとされています。したがって、日本の温州み(うんしゅう )かんは独自種ということができます。鹿児島県の長島東町に樹齢(じゅれい)約300年以上のみかんの原木が、昭和10年ごろまで育っていたそうです。温州み(うんしゅう )かんは明治になるまで九州だけで栽培されていました。静岡県では文政(ぶんせい)年間に岡部町に植えられたのが最初といわれています。

>あすなろ学習室Top