南アメリカ大陸北部にあり、西側が太平洋に面した赤道直下にある国です。国名はスペイン語の「赤道」に由来しています。バナナの輸出量は世界有数です。その他にも、カカオ、コーヒーなどの栽培(さいばい)もさかんですが、土地が豊かでないため、輸出にしめる農産物の割合が5割をこえているにも(かか)わらず、食料を輸入しています。かつてダーウィンが訪れ、進化論を考えるきっかけとなったガラパゴス諸島があります。  

ガラパゴスのイグアナの群れ

国旗について
エクアドル共和国の国旗
 
 黄・青・赤が鮮やかなデザインの横三色旗は、かつての「グラン・コロンビア」の旗でした。黄は太陽と富、青は空と海とアマゾン川、赤は愛国者の血を表しています。中央の紋章に(もんしょう )は、独立のシンボルであるコンドル、雪をかぶったチンボラソ山、帆船(ほせん)、太陽などがえがかれています。
(参考文献等)
「2014データブック オブ・ザ・ワールド」 二宮書店(※人口・面積は千の単位を四捨五入しました。)
「外務省ホームページ(キッズ外務省)世界の国々」
「世界の国旗」 成美堂出版

写真:NPO法人日本ガラパゴスの会 http://www.j-galapagos.org/pc_index.php
写真等の二次使用はおやめください。
しゃかいのぺーじTopにもどる
このページを閉じる
あすなろ学習室社会のページビーンズ君の世界旅行
エクアドル共和国
国   名  エクアドル共和国
首   都  キト
人   口  1,574万人(2013年)
面   積  26万ku
人口密度 61.4人/ku(2013年)
主な宗教 キリスト教(カトリック
主な言語 スペイン語
通貨単位 アメリカドル(スクレ)