あすなろ学習室社会のページビーンズ君の世界旅行
 西アジアにあり、北部はカスピ海、南部はペルシア湾にのぞむ国です。国土の大部分はイラン高原がしめ、平地は少なく、高原地帯は乾燥(かんそう)しています。1979年にイスラム共和国に移行しました。輸出額の約80%をしめる石油に関連する産業が中心で、天然ガスの確認埋蔵(まいぞう)量は世界第2位です。伝統的手法で織られる、手のこんだ豪華(ごうか)なペルシア絨毯が(じゅうたん )世界的に有名なほか、カスピ海沿岸でとれるチョウザメの卵キャビアも特産品です。  

世界遺産のイマーム広場

しゃかいのぺーじTopにもどる
このページを閉じる
国旗について
イラン・イスラム共和国の国旗
 
 イランの宗教であるイスラム教シーア派の緑、平和と友情を表す白、憲法発布を表す赤の三色が使われています。また、赤と緑のふちのかざり文字は、「アッラーフ・アクバル(神は偉大(いだい)なり)」と上下に11回ずつ合計22回くり返して書かれています。
イラン・イスラム共和国
国   名  イラン・イスラム共和国
首   都  テヘラン
人   口  7,748万人(2013年)
面   積  163万ku
人口密度 47.6人/ku(2013年)
主な宗教  イスラム教
主な言語  ペルシャ語
通貨単位  リアル
イラン・イスラム共和国
(参考文献等)
「2014データブック オブ・ザ・ワールド」 二宮書店(※人口・面積は千の単位を四捨五入。)
「外務省ホームページ(キッズ外務省)世界の国々」
「世界の国旗」 成美堂出版


写真等の二次使用はおやめください。