あすなろ学習室社会のページビーンズ君の世界旅行
 インドシナ半島東部にある細長い国で、面積は日本より少しせまい程度です。北部は温帯気候、南部は熱帯気候です。第二次世界大戦後、国内が分かれ、米ソ冷戦を背景とした1962年のベトナム戦争を経て、1976年南北統一し現在に至っています。近年、急速に工業化がすすみ、多くの観光客も訪れます。メコン川の河口近くに広がるデルタ(三角州)地帯には水田が広がり、米の輸出量は世界第2位です。また、コーヒーの生産も世界有数です。女性の民族衣装をアオザイといいます。  

ハノイの市場の様子

しゃかいのぺーじTopにもどる
このページを閉じる
ベトナム社会主義共和国
国旗について
ベトナム社会主義共和国の国旗 
 この国旗は「金星紅旗」とよばれていて、赤は、革命とベトナム人民の流した血を意味しています。また、黄色い星の五つの光はそれぞれ労働者、農民、知識人、青年、兵士を表し、この五つの階層が一つに力を合わせることを意味しています。
ベトナム社会主義共和国
国   名  ベトナム社会主義共和国
首   都  ハノイ
人   口  9,168万人(2013年)
面   積  35万ku
人口密度 262.4人/ku(2013年)
主な宗教  仏教、キリスト教
主な言語  ベトナム語
通貨単位  ドン
(参考文献等)
「2014データブック オブ・ザ・ワールド」 二宮書店(※人口・面積は千の単位を四捨五入しました。)
「外務省ホームページ(キッズ外務省)世界の国々」
「世界の国旗」 成美堂出版

写真等の二次使用はおやめください。