あすなろ学習室社会のページビーンズ君の世界旅行
 東南アジアの南東部に大小17508の島々からなる国で、造山帯の接合部に位置するため、地震や活発な活動をする火山が多くあります。1945年にオランダから独立しました。国民の多くがイスラム教徒です。さとうきび、天然ゴム、たばこなどを生産し、チーク材の生産も多いです。石油、天然ガス、すずなどの鉱山資源も豊富で、パーム油の生産量は世界第1位です。  
しゃかいのぺーじTopにもどる
このページを閉じる
国旗について
インドネシア共和国の国旗
 
 赤は太陽を、白は月を表す色で、古くから親しまれてきたものです。この地域でかつて栄えたマジャパヒト王国でも使われていました。また、赤は自由、白は正義を表し、勇気のシンボルとされています。この国旗はモナコの旗と同じでモナコから抗議(こうぎ)されたこともありますが、変更(へんこう)拒否(きょひ)しました。
(参考文献等)
「2014データブック オブ・ザ・ワールド」 二宮書店(※人口・面積は千の単位を四捨五入しました。)
「外務省ホームページ(キッズ外務省)世界の国々」
「世界の国旗」 成美堂出版

写真:morgueFiliより
写真等の二次使用はおやめください。
インドネシア共和国
国   名  インドネシア共和国
首   都  ジャカルタ
人   口  2億9,866万人(2013年)
面   積  191万ku
人口密度 130.8人/ku(2013年)
主な宗教  イスラム教、キリスト教
主な言語 インドネシア語 
通貨単位  ルピア
インドネシア共和国
パーム油の原料となるパームヤシ