あすなろ学習室社会のページビーンズ君の世界旅行
 ユーラシア大陸東部をしめる国で、仏教や漢字をはじめとした文化や政治・思想に古くから日本に大きな影響(えいきょう)をおよぼしてきました。米、小麦、ジャガイモ、茶、綿花等の生産量は世界第1位で、工業製品の生産量も世界有数のものが多くあります。一方国内では、民族対立・所得格差の拡大など問題もかかえていて、増大する人口問題への対策として一人っ子政策を進めています。2008年に北京オリンピック、2010年には上海万博が開催(かいさい)されました。  
万里の長城
中華人民共和国
国   名  中華人民共和国
首   都  ペキン(北京) 
人   口  13億8,557万人(2013年)
面   積  960万ku
人口密度 144.4人/ku(2013年) 
主な宗教  仏教、道教、イスラム教
主な言語 中国語 
通貨単位  元
中華人民共和国
(参考文献等)
人口・面積には台湾・マカオホンコンを含みません。
「2014データブック オブ・ザ・ワールド」 二宮書店(※人口・面積は千の単位を四捨五入しました。)
「外務省ホームページ(キッズ外務省)世界の国々」
「世界の国旗」 成美堂出版

写真:morgueFiliより
写真等の二次使用はおやめください。
しゃかいのぺーじTopにもどる
このページを閉じる
国旗について
中華人民共和国の国旗 
  五つの星は共産主義を表しています。大きい星は共産党との団結を、小さな四つの星はそれぞれ農民、労働者、知識階級、愛国的資本家を表しています。また、地色の赤は共産党による革命を意味していて「五星紅旗」ともよばれています。