あすなろ学習室社会のページビーンズ君の世界旅行
朝鮮民主主義人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
 朝鮮半(ちょうせん )島の北半分をしめる国です。朝鮮半(ちょうせん )島は、古くから日本と大きな関わりがあり、14世紀末に朝鮮国(ちょうせん )が作られました。1910年から1945年まで日本の植民地とされ、第二次世界大戦後に独立しましたが、1948年、大韓民国と分かれ社会主義国として建国しました。1950年朝鮮戦(ちょうせん )争が始まり、1953年休戦し、現在に至っています。(北緯38度線が停戦ラインです)  
板門店の軍事停戦委員会会議室
しゃかいのぺーじTopにもどる
このページを閉じる
国旗について
朝鮮民主主義人民共和国の国旗
 
  国旗に使われている赤と青は大韓民国の「大極旗」と同じく、朝鮮の伝統的な色です。赤の帯と星は共産社会の建設を、青は平和の希望を、白は明るい光を表しています。また、白い円は陰陽(いんよう)のシンボルで、中国の古い哲学(てつがく)思想に由来しています。
国   名  朝鮮民主主義人民共和国
首   都   ピョンヤン(平壌)
人   口  2,490万人(2013年)
面   積  12万ku
人口密度  206.5人/ku(2013年)
主な宗教  仏教、キリスト教
主な言語  朝鮮語
通貨単位  ウォン
(参考文献等)
「2014データブック オブ・ザ・ワールド」 二宮書店(※人口・面積は千の単位を四捨五入しました。)
「外務省ホームページ(キッズ外務省)世界の国々」
「世界の国旗」 成美堂出版
写真提供:e-dream-s http://www.aglance.org/archives/

写真等の二次使用はおやめください。