あすなろ学習室社会のページ世界の国々を調べてみよう
日本
 ユーラシア大陸の東(たん)に位置する、大小約6850からなる島国です。造山帯の上に位置するため、山がちで国土の約7割が山岳(さんがく)地帯で火山も多く、地震(じしん)がよく発生しています。第二次世界大戦で敗戦し、現在の憲法では戦争放棄(ほうき)を明文化しています。1950年代後半に驚異(きょうい)的な速さで経済復興をとげ、多くの発展途上(とじょう)国の成長モデルにされています。自動車・ハイテク産業が成長していますが、近年では少子高齢(こうれい)社会の到来に伴う諸問題、経済のグローバリゼーションへの対応など、数多くの課題に直面しています。  
しゃかいのぺーじTopにもどる
このページを閉じる
(参考文献等)
「2014データブック オブ・ザ・ワールド」 二宮書店(※人口・面積は千の単位を四捨五入。)
「外務省ホームページ(キッズ外務省)世界の国々」
「世界の国旗」 成美堂出版

写真等の二次使用はおやめください。
国   名  日本国
首   都   東京
人   口  1億2,394万人(2013年)
面   積 38万ku
人口密度  334.4人/平方ku (2013年)
主な宗教  神道、仏教、キリスト教
主な言語  日本語
通貨単位  円
日本
国旗について
日本の国旗 
 日の丸、日章旗と呼ばれるように、太陽をあらわす旗として昔から親しまれてきました。1854年、江戸幕府によって公式に用いられるようになりました。そして1870年、太政官(だじょうかん)布告という政府の通達で商船用・軍艦(ぐんかん)用として日の丸が定められました。