明治政府による新しい国づくり

 明治政府は、日本を近代化させるためには、国民に広く知識を与えることが必要だと考えたのよ。そこで、1872(明治5)年に学制を公布し、全国に小学校をつくり6歳以上の男女が身分に関係なく通うことを目指したのよ。





 

 

明治時代を探るキーワード 
江戸から明治のころの欧米の
 様子 1 産業革命がすすむ欧米
 
江戸から明治のころの欧米の
 様子 2 19世紀後半の世界
 
近代化に尽くした人々 1
 お札のデザインになった明治時代に
  活躍した人々
 
近代化に尽くした人々 2 
新しい政治の基本方針
 ―五箇条の御誓文―
 
版籍奉還と廃藩置県 
古い身分制度の廃止 1 
 
四民平等 
古い身分制度の廃止 2 
 
生活に困る士族 
学制 1 
 
寺子屋から小学校へ 
学制 2
 学校に通えない子どもたち
 
徴兵令 1
 
富国強兵と徴兵制度 
徴兵令 2
 
徴兵制度と西南戦争 
地租改正 1
 
米からお金へ 
地租改正 2
 
地券を見てみよう 
地租改正 3
 
税をお金で納めるようになった理由 
殖産興業 
文明開化 
国会開設に向けて 1
 
士族の反乱や一揆の多発 
国会開設に向けて 2
 
武力から言論へ 
国会開設に向けて 3
 
憲法制定に向けて 
国会開設に向けて 4
 
第1回衆議院選挙の様子 
寺子屋から小学校へ

写真・図版等の二次使用はおやめください。

 寺子屋の方は、子どもたちはそれぞればらばらに勉強し、先生は、一人ひとりの勉強を個別に見てあげている感じね。一方、明治時代の学校では、子どもたちは、全員同じ内容の勉強を学び、先生は、全体を一斉に教えているね。

 義務教育の始まりだね。下の2つの絵を見比べると違いがよくわかるね。

学制 その1

明治10年ごろの小学校の様子
(「小学入門教授図解」
 画像提供:国立教育政策研究所教育図書館

江戸時代の寺子屋の様子
(渡辺崋山 筆「一掃百態」
 画像提供:国立国会図書館

〈〈 もどる | すすむ 〉〉