明治政府による新しい国づくり

 大久保は、漬物(つけもの)が大好きで、食事の時に何種類か並んでいないと機嫌(きげん)が悪かったといいます。





 吉田松陰(しょういん)の教え子の1人。桂小五郎(かつらこごろう)と名乗っていたが、後に木戸孝允(きどたかよし)と名乗るようになる。1866年に西郷隆盛(さいごうたかもり)などと薩長(さっちょう)同盟(どうめい)を結ぶなど明治維新に大きな働きがあり、維新後は版籍(はんせき)奉還(ほうかん)廃藩置県(はいはんちけん)などの改革を手がけた。

 

大久保利通(おおくぼとしみち)

 小さいころは()き虫だったり、字が下手(へた)で大人になってからも字を書きたがらなかったそうです。

〈〈 もどる | すすむ 〉〉

 薩摩藩(さつまはん)の身分の低い武士に生まれた。幕府が倒れ、明治政府ができると中心人物として多くの改革を行った。欧米諸国から帰国後は、西郷隆盛(さいごうたかもり)らを退(しりぞ)け近代的な国づくりにつとめた。四民平等で特権を失った士族の反乱があいつぐと,大久保は武力でおさえつけたので、政府に不満をもつ士族らに殺された。

木戸孝允(きどたかよし)桂小五郎(かつらこごろう)

 

 国会を早く開設すべきだと主張し、政府の中で対立した。その後、立憲改進党という政党をつくったり、2度の内閣総理大臣も務めた。 

(写真提供:国立国会図書館)

明治時代を探るキーワード 
江戸から明治のころの欧米の
 様子 1 産業革命がすすむ欧米
 
江戸から明治のころの欧米の
 様子 2 19世紀後半の世界
 
近代化に尽くした人々 1
 お札のデザインになった明治時代に
  活躍した人々
 
・近代化に尽くした人々 2 
新しい政治の基本方針
 ―五箇条の御誓文―
 
版籍奉還と廃藩置県 
古い身分制度の廃止 1 
 
四民平等 
古い身分制度の廃止 2 
 
生活に困る士族 
学制 1 
 
寺子屋から小学校へ 
学制 2
 学校に通えない子どもたち
 
徴兵令 1
 
富国強兵と徴兵制度 
徴兵令 2
 
徴兵制度と西南戦争 
地租改正 1
 
米からお金へ 
地租改正 2
 
地券を見てみよう 
地租改正 3
 
税をお金で納めるようになった理由 
殖産興業 
文明開化 
国会開設に向けて 1
 
士族の反乱や一揆の多発 
国会開設に向けて 2
 
武力から言論へ 
国会開設に向けて 3
 
憲法制定に向けて 
国会開設に向けて 4
 
第1回衆議院選挙の様子 

大隈重信(おおくましげのぶ)

(写真提供:国立国会図書館)

(写真提供:国立国会図書館)

  身長6(しゃく)(174p以上)の当時としては長身の大男でした。幕末には、命を狙われ続けたため、10種以上の別名を使用したそうです。

写真・図版等の二次使用はおやめください。

近代化に尽くした人々 その2