あすなろ学習室社会のページ経済島の大冒険>企業の役割



経済島の大冒険 3 企業の役割
企業ってなに?
 企業ってなに?

 企業とは、簡単に言えば会社のことだ。工場、商店、遊園地などなど広い意味でみーんな会社なんだ。
 企業の最大の目的は「利潤を得ること」だ。利潤を得るためには、モノ・サービスを生産し、市場に提供しなくてはならない。企業が生産活動を行うために必要なものは何だと思う?

 うーん……原材料と、生産設備と、労働力!

 おっ、なかなかいい線だ。
 企業が生産を行うために必要なものは、次の4つだ。
 
 土地  生産手段  労働力  経営者(企業家)
  
 ここでいう土地というのは、資源のことを指す。太陽、土地、水、森林、鉱物などのことだ。
 生産手段というのは、生産に必要な道具や設備、工場などのことだ。
 労働力は、工場などで働いてくれる労働者のことだ。
 これらをうまく活用して、よりよいモノ・サービスを生み出すのが経営者の役割だ。
 ところで、あと一つ、生産に必要なものがあるのだけれど、わかるかな?

 お金じゃないかしら?

 そのとおり!経営に必要なお金のことを資本(元手)という。企業が生産活動をするためには、原材料も買わなくてはいけないし、工場も作らなくてはいけない。労働者を雇えば賃金を払わなくてはならない。製品の輸送費だってかかる。だから、経営者は、会社を動かすための資本の調達に努力するんだ。

 企業家は、どのようにして資金を調達するの?

 経営者は、資本を自分の財産からねん出したり、金融機関から借りたりするのだけれど、多額の経営資金を集めるのはとても大変なことだ。そこで、効率的に資金を集める方法として、多くの企業は株式を発行しているんだ。
 株式については、次のページで説明しよう。
>>> 次のページへ
<<もどるすすむ>>


静岡県総合教育センター