いずさんじんじゃ

源頼朝と鎌倉幕府のはじまり

>しゃかいのTop

>あすなろ学習室Top

みなもとのよりとも

やはたじんじゃ

現在の富士川のようす

ところで、ブロンズ像の頼朝と政子は夫婦なの?

どうして、頼朝は蛭ヶ小島(ひるがこじま)に流されたの?

年表で確かめよう

兄頼朝の挙兵を聞き、奥州からかけつけた義経が境内(けいだい)で涙ながらに頼朝と対面し、平氏を倒すことを誓い合ったと言い伝えられているんだ。

八幡神社の対面石

頼朝が源氏の勝利をこの神社に祈願(きがん)し、
深く(うやま)っていたんだ。
三嶋大社(みしまたいしゃ)も、源頼朝が挙兵した場ということで、後に多くの武将が訪れたんだよ。

そうだよ。伊豆山神社(いずさんじんじゃ)は、頼朝と政子が結ばれた地とされ、恋愛の願いがかなうと言われているんだよ。
平清盛に継母(ままはは)である池禅尼(いけのぜんに)が頼朝の命乞(いのちご)いをしたんだ。そして、流されたのが蛭ヶ小島なんだ。
ここで、頼朝は挙兵の機会をうかがっていたんだ。

頼朝と義経は、どこで出会ったの?

富士川の戦い(1180年)がそうだよ。平氏は逃げ出したんだよね。

源義経だ。頼朝の弟で源平の合戦で大活躍したんだよ。

幼い頃は、牛若丸と呼ばれていた人だね。

平治の乱で、源氏は平氏に敗れた。源義朝は殺され、
その子頼朝は、伊豆に流されたんだよ。

八幡神社についてはここをクリック
伊豆山神社三嶋大社についてはここをクリック

みしまたいしゃ

 はじめのページへもどる 〉
つぎへすすむ

鎌倉幕府は武家政権で、将軍と御家人が、御恩と奉公の関係で結ばれていたんだよ。
年表で、頼朝が鎌倉に幕府を開くまでの流れを確かめよう。

平氏を倒した頼朝は、征夷大将軍に任じられ(1192年)、鎌倉に幕府を開いたんだ。

兄弟が力を合わせて、平氏を倒したんだね。

事実は、はっきりしないけれど、平氏軍は水鳥が飛び立つ音を頼朝軍と思い、戦わずに逃げたという言い伝えがある戦だね。

静岡県で源平の合戦はあったの?

黄瀬(きせ)川の八幡(やはた)神社には、対面石が置かれているよ。

源氏の勝利のために、力を合わせた弟がいたよね?

蛭ヶ小島(ひるがこじま)についてはここをクリック

 しゃかいのページTopへもどる 〉

頼朝と静岡