写真・図版等の二次使用はおやめください。

武士だけに認められていた特権はあったの?

 切り捨て御免といって身分秩序維持のため、武士としてのプライドを傷つけられた時には人を殺しても許される(やむをえない場合や目撃者がいることなどの条件がある)他にも名字や刀を持つ特権があったんだ。

 武士の中にも身分の違いはあったの?

 武士の中でも厳しい上下関係があったんだね。ところで給料は誰からもらっていたの?

江戸時代の武士の一般的な服装(裃)(かみしも)。役所などで勤務するときは、このような服装をした。

 本来、武士は自分の領地からの収入で生活するものだった。そして(いくさ)手柄(てがら)をたててほうびをもらい、新しい領地を得ることで収入を増やしていった。しかし、江戸時代は戦が少ない時代だったから、多くの武士が幕府や藩の役職について収入を得るようになった。
 何千、何万石という広い領地を持つ大名や旗本ならば、自分の領地からの収入で十分生活できたが、領地を持たない御家人は、幕府や藩から俸禄(ほうろく)(給料)をもらい生活していた。給料の多くは米で支給され、自分たちが食べる分だけとっておいて、残りは現金にかえた。
  武士というと、戦っているばかりというイメージがあるが、江戸時代の武士の生活は、現在の会社員と同じように、朝、城や城下の役所に出勤して仕事をし、夕方、帰宅するという地味なものだった。暮らしぶりも、一部の大名や旗本などをのぞいて、質素だったと言われる。特に下級武士の生活は、庶民の生活とほとんど変わらない貧しい生活だったといわれるぞ。

江戸時代を探る!

武士の身分や生活

あすなろ学習室Top

しゃかいのページTop

  一口で武士と言っても、様々な身分がある。ここでは幕府直属の武士(直参(じきさん))を例に説明するね。直参には、旗本御家人の区別がある。旗本とは、禄高(ろくだか)(給料の額のこと)がおおむね1万石以下の家臣で、将軍が参列する儀式などでその場に同席できる御目見(おめみえ)以上の家柄の家臣を指す。一方、御目見が許されない家臣は、御家人と呼ばれた。
 それぞれ、さらに細かく家柄(いえがら)や役職、禄高(ろくだか)などで差別されていて、身分によって服装が定められたり、江戸城の詰め所も異なったりした。自宅の家の造りまで身分によって指定されていたんだよ。