刺激と反応トップへ>ヒトの感覚器官>(1/1)
ヒトの感覚器官
ヒトにはどのような感覚器官がそなわっているでしょうか。


 ヒトが受けとることができる刺激は次のようなものです。


 光(明るさ・色)   音   臭い   味  


 痛み 圧力(ふれたという感覚)  熱さ  冷たさ

 このうち光、音、臭い、味については、それぞれ受けとるための特定の器官、つまり目、耳、鼻、舌があります。全部顔にありますね。



 一方、痛み、圧力、熱さ、冷たさなどの感覚は、特定の器官でキャッチするというより、それぞれの刺激を受けとる装置(感覚点)が全身の皮ふに存在しているので、皮ふ感覚といいます。
それぞれの感覚器官について詳しく見るときは、トップページに戻り、それぞれの感覚器官のところをクリックしよう。