竹取物語

竹取(たけとり)物語は、かぐや姫という名で親しまれ、我が国で一番古い物語としても知られています。物語の最後の場面には、富士山の名前の由来が書かれています。
次の文章の中から、「富士山」という名前の由来となる出来事を二つ探してみましょう。
「いづれの山か天に近き。」
と問はせ給(たま)ふに、ある人奏(そう)す、
「駿河(するが)の国にあるなる山なむ、この都も近く、天も近く侍(はべ)る。」
と奏す。これを聞かせ給ひて、

  逢(あ)ふこともなみだに浮かぶわが身には 死なぬ薬もなににかはせむ

かの奉(たてまつ)る不死の薬、御文、壺(つぼ)具して、御使に賜(たま)はす。御使には、調石笠(つきのいはかさ) といふ人を召(め)して、駿河の国にあんなる山の頂(いただき)に持て着くべきよし、仰(おほ)せ給ふ。嶺(みね)にてすべきやう教へさせ給ふ。そのよし承(うけたまわ)りて、士(つはもの) どもあまた具して、山へ登りけるよりなむ、その山を「富士の山」とは名づけける。
 その煙(けぶり)、いまだ雲の中へ立ち昇(のぼ)るとぞ、言ひ伝へたる。
問題
かぐや姫が天に帰ってしまった後、 帝(みかど)が悲しんで、もらった薬を家来達に 焼かせる場面だね。

富士山の部屋にもどる

答え・解説へ